個人で車を売るメリットとデメリット

個人で車を売るメリットとデメリットについて調べてみました。

必要な書類や手続き

2f139b5c25c67863692d988a2d1c4a7c_s.jpg

車を売る場合に車買取業者に車を売る場合は名義変更や必要な手続きを代わりにしてくれます。

個人で車を売るよりも車を高く売ることは難しいものの、利便性の面から考えるとメリットが高いと言えます。

個人で車を売ることになると車を高く売ることはできるようになる反面、名義変更の手続きなどは自分でする必要が出てきます。

利便性の面で考えると車買取業者に車を売る場合よりかなり悪いと言えます。

車の個人売買のデメリット部分でもありますが、車を個人で売る場合は名義変更や税金、保険の手続きなどすべて自分で行う必要があります。

どのような手続きが必要になるのかということと、用意しないといけない書類などを事前に知っておく必要があります。

 

用意しておく書類など

車を売る側が用意しないといけない書類に関しては、
・委任状
・車の車検証
・印鑑証明
・自動車の税金を払っていることを証明する自動車税納税証明書
などが必要になります。

自賠責保険証明書や自動車リサイクル券なども必要です。

一般的に車の個人売買は車を売る側が車を買う側に書類を渡して名義変更してもらうというのが一般的な方法となっています。

買い手によっては車を売る側が名義変更をすることになる場合もあります。

ただし、車の名義変更は複雑な手続きが必要と思っている人も多くいるのではないかと思います。

車の名義変更は思っている以上に簡単な手続きなので、わざわざ業者を介して名義変更してもらう必要もありません。